アップロードできるファイル形式を増やす方法


この記事を読まれているのは下記メッセージでお悩みでしょうか?

WordPressにはアップロードできるファイル形式を指定する設定ファイルがあり、設定していないファイル形式は「セキュリティ上の理由によりこのファイル形式は許可されていません。」とメッセージが出力してアップロードができません。

むやみやたらに許可するのは望ましくないですが、どうしてもアップロードしたい場合は設定ファイルを修正することによって可能になります。

例えばフォトショップなどで使われるeps形式をアップロードしたい時は対応が必要になります。

設定ファイルを修正する

①FFFTP等のファイル転送ソフトを起動してサーバーにアクセスします。

②「wp-includes」を開きます。

③「themes」を開きます。

④修正したいテーマのディレクトリーを開きます。

⑤「functions.php」を 開きます。

⑥以下のコードを追記して保存します。

//eps
function allow_upload_eps( $mimes ) {
$mimes[‘eps’] = ‘application/postscript’;
return $mimes;
}
add_filter( ‘upload_mimes’, ‘allow_upload_eps’ );

これでeps形式のアップロードが可能になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA