Webサイト運営者の責任


こんにちは、三木谷です!

Webサイト運営者は、自身のWebサイトがウイルスに感染し、他の人に迷惑をかけてしまう事態が発生した場合、どのような責任を果たさなければならないでしょうか。

まずは、関係者に報告と謝罪するとともに、ウイルス駆除を行い、感染した原因を調べて再発防止に努める必要があります。

また、取引相手に損害を与えた場合や、個人情報を流出させてしまった場合は、訴訟問題となり損害賠償を支払う必要があるかもしれません。

特に個人情報を保有する場合は、個人情報保護法に則って取り扱う必要があり、違反した場合は刑事罰が科せられます。

ウイルスを感染させられた側は被害者にも関わらず、他者に損害を与える加害者にもなり得り、そうなればWebサイト運営者はダブルパンチを食らう事態となります。

悪意をもってコンピューターウイルスを感染させたやつは、すぐに捕まえることができ、厳しい罰を科せられる世の中になってほしいのですが、ネット社会は歴史が浅いのと、簡単に国境を越えられたりするため、なかなか整備が追いついていません。

現在のネット社会では、セキュリティ対策をしていない側に問題があって、非難される世の中になっているため、Webサイトを運営する場合は常に意識しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA